尿漏れを防いで快適な性活を実現~最適な治療方法を探る~

女性

妊娠出産時に起こること

看護師

予防と対策

妊娠や出産によって尿漏れが起こることがあります。これは決して珍しいことではなく、ほとんどの場合産後4ヶ月程度で治まります。しかし、場合によっては改善されず、知覚障害や排尿障害などを起こすこともあるので注意が必要です。尿漏れの症状は妊娠期または産後に現れます。症状が自然に治まるまでは、尿漏れ専用のナプキンやパッドなどを当てておくと良いでしょう。生理用ナプキンと同じような感じなので、違和感なく使用できます。また、妊娠中や産後のセルフケアも大切です。妊娠中の肥満や体調の崩れなどは分娩時間を長引かせる原因になります。体調管理を怠らないようにしましょう。産後は安静に努め、その後尿漏れ改善のトレーニングやエクササイズを行うと良いとされています。女性は40歳以上になると多くが尿漏れを経験します。なので、妊娠の有無に関わらず、日頃からトレーニングやエクササイズを行うことが推奨されています。

妊娠出産と骨盤底筋

妊娠中や産後の尿漏れの原因は、子宮が膀胱を圧迫することにあります。子宮は出産をしてもすぐには元に戻らないので、産後しばらくは尿漏れが続く可能性があります。また、分娩時の負担によっても発症することがあります。そして、ここで重要となるのが骨盤底筋という筋肉です。骨盤底筋が緩んでいると下腹部の内臓を支えることができずに内臓の位置が下がってしまいます。これによりなおさら膀胱が圧迫されてしまうことになるのです。分娩の際に神経組織が損傷されると、膀胱や尿道に感覚障害を起こす可能性があります。その場合、尿漏れだけでなく、尿意の消失、排尿障害などが起こることもあります。妊娠中の女性に限らず、全ての女性にとって尿漏れは非常に身近な症状です。ホルモンバランスの乱れによっても発生リスクが高まるため、更年期以降の女性に非常にも多く見られます。加齢と共に発症リスクが上がり、症状も強くなります。